Ecoと事業とは

「Ecoと事業」ではEco活動を通じて地域によいことを行い、障がい者の方が働きやすい環境を創る取り組みを行っています。

Ecoを、え~ことに「Ecoと」

協同回収は「Ecoとステーション」というリサイクルの窓口を出店しています。

各地で優良なリサイクル会社さんや金属問屋さんがあっても一般のご家庭の方には正しい道標となる回収窓口が少なく自治体での回収方法にも限界があり、リサイクルできるものでも、残念ながら燃やされたり埋められたりということが行われています。その為、必要ではない処分費用(税金や個人負担等)が発生している場合もあります。

そこで、リサイクルの回収窓口をさらに普及させるべく、ご家庭から各地の優良業者さんへの橋渡しとなるリサイクルの窓口「Ecoとステーション」を広めたいと考えています。

全国の障がい者就労継続支援 A型B型施設様へご提案

リサイクルの窓口「Ecoとステーション」を運営しませんか?

貴重なリサイクル資源
鉄、アルミ、銅、ステンレス、電化製品、農機具、古紙等

今がチャンス!
なんでも中国に売れていた時代が終わり、国内リサイクルが増加しています。
手間のかかる分別・分解・選別の仕事こそ障がい者就労のチャンスです。
安定した仕事量を確保できます。

障がい者就労支援について

小型デジタル家電のメタル分離回収システム

回収→特殊破砕→選別[障がい者雇用]→レアメタル販売